年齢とともに気になる小じわ・ほうれい線対策用の化粧品

年齢を重ねると出てくる悩みが、目元の小じわやほうれい線です。小ジワやほうれい線は老けた印象を与える原因になります。

いつまでも若々しくいたい方をサポートするものが、小じわ対策・ほうれい線対策用の化粧品です。では、どのような化粧品があるのでしょうか。

 

1・アスタリフト ジェリーアクアリスタ

 

 

小じわの原因の一つが乾燥です。そのため、潤いを与えることが小じわ対策のポイントになります。
ジェリーアクアリスタは潤いの鍵を握るヒト型ナノアシルセラミドとヒト型ナノセラミドのWのセラミドを配合。さらに美肌パワーを持つアスタキサンチン、アスタキサンチンをバックアップするリコピン、ハリ肌をサポートする3種のコラーゲンを配合しています。
しかし、価格が高いデメリットがあります。

 

2・ドモホルンリンクル 保湿液
2つのヒアルロン酸を独自ブレンドして配合をしています。分子が大きく肌にとどまるヒアルロン酸が外側に潤いを与え、分子が小さなヒアルロン酸が肌の内側に潤いを届けます。泉州水茄子エキスやイチゴ花エキスなどこだわりの成分も配合しています。手のひらが肌にピッタリと吸い付くような潤い肌に近づきます。

 

デメリットは、人によっては肌の上に残っている感じが気になることです。

 

3・・ヒアロディープパッチ
ヒアロディープパッチは目元を集中的にケアするシートです。
肌にはバリア機能が存在しており、簡単には肌内部に美容成分が届かないようになっています。これでは、肌内部に潤いを届けることができません。
ヒアロディープパッチのシートにはマイクロサイズのヒアルロン酸の針がならんでいます。ヒアルロン酸は分子が大きく角質層にまで浸透しにくい成分ですが、ヒアルロン酸の針にすることでバリア機能を突破し、角質層にまでヒアルロン酸が届きます。

 

マイクロニードルの針をシートに並べたものを皮膚に貼りつけ、薬剤を直接体に注入する「マイクロニードル技術」というものがあります。このマイクロニードル技術を参考にして、ヒアルロン酸の針をシートに並べて肌の奥に届ける「ヒアルロン酸ニードル」を開発しました。マイクロニードルをヒアルロン酸で作って肌に届ける世界初の技術です。
針状になっているのでシートを張り付けたときにはチクチクと感じますが、10~15分ほどすると溶けて肌になじむのでチクチクがずっと続くわけではありません。夜寝る前にシートを目元に貼りつけておくと、翌朝にはヒアルロン酸の針が完全に溶けています。
水分が足りずしぼんだような状態になった目元にヒアルロン酸の潤いを与え、ふっくらピーンとした目元へと導きます。

TOPへ